本文へスキップ

 Mobara Baptist Church

                     前週                                               次週

「信仰」

2018年2月11日 塩山宗満

 ガラテヤの信徒への手紙 2章15-20節

 「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。(2:20a)」キリストを信じて歩む者は、自由に自分の身をキリストのために生きていく存在になることができることをこう宣言しています。パウロは一時は律法に従って生きようとして、自由を縛られ、身動きができなくなっていましたが、いま彼の内にあって彼を生かしている方はキリストなのです。キリストが内にあって生きておられるのですから、パウロはこの世での生をしっかりと主のために、という目的を持って生きていくことができるのです。
 日本バプテスト連盟の信仰宣言の、「この信仰によってのみ、私たちは神に義とされ、新生にあずかることができる。」は今日の聖書が語っているように、「人は律法の実行ではなく、ただイエス・キリストへの信仰によって義とされる(2:16)」ことで明らかです。
「新生にあずかることができる」という新生とは、新しく生まれることです。信仰は単に心の内にとどまるものではなく、心と体のすべてに関わる事柄ですから、新生という表現はそれにぴったりな言葉ではないでしょうか。バプテストはこの新生という言葉を大事にしてきました。賛美歌集も「新生讃美歌」です。新しく生まれ、生き方が変わったのですから、自己中心ではなく、神中心の生活、具体的に言えば主の日の礼拝を中心とした教会での出来事や交わりを大切にする、それと同時に助けを必要としている人たちに応えていく、そのような生き方へ導かれていくのです。
 信仰によって日々新たにされながら、与えられた人生を歩んでいこうではありませんか。


日本バプテスト連盟
茂原バプテスト教会

〒297-0012
千葉県茂原市六ツ野3394-5

TEL/FAX 0475-22-8275
mobara-bc@k8.dion.ne.jp

牧師 塩山宗満